アカウント情報カートを見るレジに進む

90.「甘い」お薬

90.「甘い」お薬
「ペニシリン―其他の抗菌性物質」
 東大医学部内碧素研究会編 
 河出書房 初版 昭和21年7月15日 15,750円
 
 本書は日本で公刊された最初のペニシリン文献です。本書の内容自体はいかにも研究書らしい化学的な研究報告に終始していますが、その誕生の背景が面白いのです。

現在、日本は世界一の抗生物質大国と聞きますが、その研究は戦争末期、東大の梅沢浜夫博士を中心とした陸軍の「碧素研究会」に始まりました。

昭和18年、同盟国であったドイツから一隻の潜水艦が機密資料をもって日本に寄港。そこにあった一冊の医学雑誌にペニシリンの臨床報告が掲載されており、それが日本における抗生物質研究の端緒となったようです。

当時、連合国には緊急を要する三つの課題がありました。レーダー、原子爆弾、そしてペニシリンの量産。戦傷による病死を防ぐための抗生物質研究は、敵味方を問わず戦時下最大級の研究課題で、当時は英国でこの画期的な新薬が開発されたという噂もながれていたのです。
 
当初、陸軍はこの話を信用せず、敵国の流したデマではないかとさえ疑っていたのですが、そんな折もおり、昭和19年1月に、「敵英国のチャーチル首相、新薬ペニシリンで救命」という記事が朝日新聞の一面を飾ります。肺炎で倒れたチャーチルがペニシリンによって奇跡的に救命した、と。
 
のちにこの記事は誤りだとわかるのですが、ともかくこの誤報によって、日本の国策として正式にペニシリン研究がはじまったのでした。そして驚くべきことには、およそ八カ月で世界にさきがけて、高純度のペニシリンの精製に成功。この抗生物質は「碧素」と名付けられ、量産されて大勢の負傷兵の命を救いました。
 
ちなみに「碧素」の名は、当時貴重品だった羊羹を懸賞に、一般公募されたんだそうです。また碧素を量産したのはお菓子で知られる森永製菓。つまり甘味のなかで国産第一号の抗生物質は誕生したのですね。
関連商品一覧
[ 1件目から20件目までを表示しています。 ]
1 ペニシリン
東大医学部内碧素研究会編 河出書房 1冊 昭21 其他の抗菌性物質 初版 本邦初のペニシリン文献
12,600円
2 相対会研究報告
第一組合相対会(小倉チヨ) 34揃 故小倉清三郎研究報告顕彰会復刻 第1号(昭27年9月20日)〜34号(昭30年12月20日)
39,900円
3 国字問題研究パンフレット 第一輯
日本のローマ字社 1冊 昭3〜 函付 薄冊本八冊揃 「国字国語問題」土岐善麿「日本語の世界的書き方」田丸卓郎「仮名論とローマ字論」尾佐竹猛ほか「ローマ字綴方の進化」田中館愛橘ほか 「漢字からローマ字へ!!」末広厳太郎ほか「ローマ字日本語の文献」土岐善麿「ローマ字綴り座談会」福永恭助「国
18,900円
4 英国志
(英)慕維廉著  長門温知社蔵板 文久1  八巻五冊題箋付巻一擦有 上海刊『大英国志』の翻刻版。長州による刊行で、当時最も充実した イギリス史書。
157,500円
5 相対会研究報告 第五号
第一組合相対会 1冊 昭27 非売品冊子 少傷ミ有 故小倉清三郎研究報告顕彰会復刻
1,575円
6 日本最初五十年前之新聞
昭3/11月発行 記念事業協会 1冊 初版 ヤケ少傷ミ蔵印有 明治12年11月分翻刻・明治大正昭和三元六十三年鑑(添)
12,600円
7 和紙研究会会員名簿
1冊 昭15 和紙研究第五号付録(昭和15年4月10日) 奥付無 薄冊
1,575円
8 日本に於ける百年英一番館
1冊 昭34 安政6年〜昭和34年  非売品 函少ヤケ テープ跡有 ジャーディンマセソンアンドカムパニー(ジャパン)リミテッド編
3,990円
9 普法戦紀
王韜 脩道館 10揃 明20 和装活字本 題簽付  漢文書  少虫損有 清朝末期を代表するジャーナリストで思想家・王韜による編訳書の翻刻版。日本では普仏戦争といわれるが、この戦没の詳細な記録は当時最新の西欧世界の情報をもたらす重要書として中国、さらに日本でも広く読まれた。明治12年に
26,250円
10 日本文芸の研究
実方博士古稀紀念論集編集委員会編 桜楓社 1冊 昭53 初版 函少ヤケ有
1,260円
11 日本文芸の研究
実方博士古稀紀念論集編集委員会編 桜楓社 1冊 昭53 初版 函付
2,100円
12 昭和研究会公会員名
1冊 極秘文書 半紙2枚 仮綴半紙二枚タイプ印刷。巻頭「極秘」朱印と尾崎陞(すすむ)   ペン署名入。昭和研究会は昭和初期、近衛文麿の政策研究機関。   ブレーンの一人近藤隆之助によって発足。
21,000円
13 あかほんや
大曲省三編 阿伽梵書屋 4揃 限300 和装 1号(昭和5年1月20日)〜4号(昭和6年5月1日)      「赤本」の装丁を模した江戸文物研究誌。
12,600円
14 普法戦紀
王韜撰・張宋良口訳 脩道館 10揃 明20 和装活字本 題簽付 漢文書 清朝末期を代表するジャーナリストで思想家・王韜による編訳書の翻刻版。日本では普仏戦争といわれるが、この戦没の詳細な記録は当時最新の西欧世界の情報をもたらす重要書として中国、さらに日本でも広く読まれた。明治12年には4か月ほど来
31,500円
15 素敵に長生き
櫛田ふき 新日本出版社 1冊 平3 初版  カバー帯付 串田孫一宛 ペン識語署名入
1,575円
16 日本的自然観の研究
斎藤正二 八坂書房 2揃 昭53 初版 函背少ヤケ有
8,400円
17 一生懸命って素敵なこと
林文子 草思社 1冊 平18 重版 カバー付 ペン署名入
1,575円
18 韮菁集 三種
土屋文明 青磁社 1冊 昭20年3月29日(後記のみ 刊記無)版/昭和21年7月5日  札幌青磁社 カバー付/昭和21年7月15日 青磁社(東京)。  いわゆる「戦中版」と称される20年3月の版には21年版には含まれない多くの戦争関連の歌を収録。
84,000円
19 日本農業年報
日本農業研究会編 各冊分売 改造社 1冊 第1集1932年上半期(農業恐慌の全面的展望 昭7重版少書込) 第2集1932年下半期(植民地農業問題特集 昭8初版少朱線引) 第3集1933年上半期(米穀問題特集 昭8初版少朱線引) 第4集1933年下半期(蠶絲業問題特集 昭9初版) 第7集1935年
1,575円
20 英文学研究
東京帝国大学英文学会 研究社 1冊 シミ少傷ミ有 第3冊(大正10年 少線引書込有)
1,050円
GETAロゴ
前に戻る
連想検索
キーワード・文章から検索!

ショッピングカート
カートは空です...
有限会社 中野書店
東京都公安委員会
許可第301029202665号
書籍商・美術品商
BOOKTOWNじんぼう
アンダーグラウンド・ブックカフェ〜地下室の古書展〜第7回
2019年6月25日 火曜日 28775694 リクエスト (2005年9月25日 日曜日 より)